WordPressで忘れがちな記述

WordPressサイトを製作時、使う頻度や重要度はそうでもないけれど、忘れると大変なテクニックの備忘録として。随時更新。

クエリの初期化

「query_posts()」で変更したカスタムループのクエリをリセットできる。

<?php wp_reset_query(); ?>

query_post()使用時、カスタムフィールドの数字順に並べ替える

通常は文字列として並べ替えられるがWP3.0以降では「orderby=meta_value_num」が使用できる。

query_post('orderby=meta_value_num&amp;meta_key=custum_field_name')

ショートコードをページテンプレートで使用する

WordPressのショートコードはページテンプレートでそのまま記述しても動作しない。

<?php echo(do_shortcode('[SHORTCODE]')); ?>

style.cssには「@charset “utf-8”;」を必ず書く

オリジナルでテンプレートを作成した際に注意する。この記述が無くても多くのブラウザでは問題なく表示されるが、iPadに搭載されているSafariでは表示されないことがある。

@charset "utf-8";

ページテンプレートファイルの作り方

ページテンプレートとするPHPファイルの先頭に下記を記述。


<?php
/*
Template Name: template_name
*/
?>